FC2ブログ
ろいちゃ。
読むだけでみるみるお茶が美味くなるお茶農家ブログ(嘘)
御茶所静岡県は袋井市に住むお茶農家の婿「コースケ」の成長日記みたいなアレ。
日本茶インストラクター第二次試験 直前勉強会(インストラクション編)
そんなわけで、昨日受けてきた勉強会のうち「インストラクション研修」について書きたいと思います。

そもそも日本茶インストラクターは、人前で日本茶に関するインストラクションをする人です。お茶に関する知識が豊富なのは当たり前。それに加えて、わかりやすく説明する技術がなければやっていられません。というわけで、インストラクション試験は実際に日本茶インストラクターとして人前で話すことができるかを確認する試験になっています。

■インストラクション研修詳細
インストラクション試験では、試験管から指示された課題茶の美味しい淹れ方について説明します。

課題茶:玉露・上級煎茶・中級煎茶・ほうじ茶
茶 器:急須(中・小・極小)、土瓶
     茶碗、茶托、小匙、大匙、湯冷まし、砂時計、盆、布巾、ポット


試験管が指示した課題茶に合う茶器を自分で選び、セッティングできたらインストラクション開始です。
勉強会では講師の方が各茶種の特徴を説明し、一人ずつ実際の試験と同じ状況で実技を行いました。
以下では、今回学んだポイントをまとめます。

◎課題茶共通のポイント
茶種ごとに特徴も淹れ方も異なるので、それをしっかり説明することが重要になるわけですが、基本的なトークの骨子はだいたい共通になります。骨子を踏まえたうえで課題茶ごとの特徴を盛り込んでいくのが良いかと思います。
そんなわけで、とりあえず骨子の部分を順番に書いていきましょう。
なお、試験は説明が4分、その後の試験官からの質問で3分となります。
4分をオーバーすると、その時点で終了になります。
合格するためには4分以内におさめることが必須です。


1.はじめの言葉
「これから玉露の美味しい淹れ方についてご説明します」
といった感じで、これから何のインストラクションを行うのかハッキリ伝えます。

2.お茶の説明
これからインストラクションで使うお茶がどんなお茶なのか、
そのお茶についてまったく知らない人にもわかるように説明します。
具体例などを交えるとポイントが高そうです。
ex)ほうじ茶はカフェインが少ないので小さなお子さんにもおすすめ、とか

3.道具の説明
「お茶を美味しく淹れるためには、お茶に合った茶器を選ぶ必要がある」
ということを説明し、手元にある茶器を選んだ理由をわかりやすく伝えます。

4.水の説明
日本茶を美味しく飲むためには軟水を使うことが重要です。
そのことを伝え、水道水を使う場合は5分ほど沸騰させてカルキ抜きをすることや、
ミネラルウォーターを使う場合は軟水を選ぶことなどを盛り込みましょう。
※ただし玉露のように話すネタが多すぎる茶種の場合は削らないと4分に収まらない可能性があります。

5.お湯の量と温度の説明
課題茶に適したお湯の量と温度についてわかりやすく説明します。
以下は必ず盛り込みましょう。

・何人分のお茶を淹れるのか
・適温は何度か
・適温に冷ますための方法

用意されたポットのお湯は90℃という設定です。
中級茶とほうじ茶は90℃が適温なのでそのまま急須に注ぎますが、
玉露と上級茶は湯冷ましが必要なので、ここでしっかり説明します。

6.お茶の葉の量の説明
人数分の茶碗に対して、何グラムのお茶の葉を入れるのか説明します。
ちなみに「茶葉(ちゃば)」と言ってはいけないそうです。
「お茶の葉」という言い方をするのが無難です。

この際に大匙・小匙を使って計量する方法を盛り込みましょう。


玉  露:1人3gで3人分→小匙で山盛り3杯
上級煎茶:1人2gで3人分→小匙で3杯
中級煎茶:1人2gで5人分→大匙で2杯
ほうじ茶:1人3gで5人分→大匙で5杯

※ほうじ茶は非常に軽いので、大匙1杯で約3gです。その他のお茶は大匙だと約5gです。

7.浸出時間の説明
課題茶を美味しく飲むための適切な浸出時間について説明します。
このへんは、お湯の温度を適温にしながら説明することになります。


玉  露:2分30秒
上級煎茶:1分(深蒸しは30秒)
中級煎茶:1分
ほうじ茶:30秒

※上記はあくまで目安です。整合性さえあればある程度は自由みたい。

あと重要なポイントですが、別に玉露だからといって本当に2分30秒も待つ必要はありません。
それだけでインストラクションの半分以上が終わってしまいます。
「さて、2分30秒たちましたので、注いでいきます」という形で、どんどん進めます。

8.廻し注ぎの説明
お茶の濃さと量を一定にするための「廻し注ぎ」について説明します。
これはどの茶種でも盛り込んでおく必要があるかと思います。
また、実演しながら「1・2・3、3・2・1」と掛け声をかけるのがおすすめです。

もう一つ必須なのが、「最後の一滴まで注ぎ切ってください」と言うこと。
「最後の一滴まで美味しさがつまっていますので」とか、
「コーヒーで言うところのゴールデンドロップ」とか、
わかりやすい説明をつけてあげるとなおよろしいかと。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 ろいちゃ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.